TOP 参加する

次に、このプログラムへ一足先にご参加の様からご感想をいただきましたので、ご紹介します。

「絶対他の人には教えたくない方法」だと思いました。

濱田 雅美様 濱田さま

行政書士として今後仕事をしていきたいという強い思いから 参加を決めました。

とは言っても、じゃあどうやって仕事を受けるのか。
そもそも仕事として受けるためにはどうしたらいいのか。
基本的なことが全くわからない状態でした。

自分だけで、それらの問題を解決するのはとても大変なことだと思ったからです。

やはり、早く軌道に載せ、廃業することもなく長く仕事をするためには、実際に業務を行っている、そして続けている先輩行政書士の方のやり方を学ぶべきだと思ったからです。

SSPに参加する前は、スキルもない、実績もない、コネもない自分が本当に業務として今後やっていけるのか。一体、何から手を付けて、何をしなければならないのか。ということがわからない・・・という不安はとても大きかったです。

行政書士の試験に受かったはいいけれど、実際に業務をするには、試験に受かるより難しいことだと思っていたからです。

SSPに参加した感想ですが、行政書士として仕事をし、ちゃんと稼げる方法があるということがわかったこと、そしてそれを実践するノウハウが事細かく公開されていることに驚きました。

ここまで、洗いざらい書いてしまっていいのだろうか・・・と心配になるくらいです。

まだ、実際に稼いでいない私は心が狭いのか、「絶対他の人には教えたくない方法」だと思いました。

実直に実践すれば、誰もが適正な報酬を得て、収入を上げ、行政書士として仕事をしていけるだろう!と思います。 今は、第1章から第8章までを何度も読み返して、自分の業務をみつけることに専念しています。

今から、登録を済ませ業務を開始することが楽しみです。 “私でもできる”と感じたからです。

本当のことを言うと、誰にも勧めたくないです。 こっそりと自分だけがこの方法をする方が、より早く稼げる気がするからです。

それでも、私と同じように「どうしたらいいのか?不安でたまらない。 自信がない。早く一人前になって仕事をしたい」と強く思っている方に勧めたいです。

一緒に頑張れる仲間が欲しいですし、不得手なところをサポートし合えるような、 そんな関係を築けるようなパートナーとも出会いたいです。

SSPを最初に読んだとき、本当に驚きました。

本文で「椅子から転げ落ちるほどの興奮と驚き」と 書いてありましたが、本当にそのとおりでした。

ここまで言ってしまっていいの?え?こんなに簡単な一言で・・・。 緻密に計算しつくされた方法。まさに、目からウロコです。

これを手にしたら、他のノウハウ本など必要ないだろうし、 たとえ他のセミナーやノウハウ本を読んでも、なんの驚きもないだろうとおもいました。

逆に、この場合はどうなのかと反論したくなるのでは・・・とさえ思います。

まだまだ実践は入口の部分だけしかしていません。これからが本当の勝負だと思っています。 愚直に実践し、ちゃんと稼げるようになる!これが今の目標です。

開業への不安が払拭され、開業への道のりが見えてきました。

佐藤 典子様 佐藤さま

行政書士試験の勉強をしていた頃から、「開業なんてできるものなのか?」と 不安に思って勉強が進まないことがありました。

そんな時にSSPと出会い、「SSPをしっかりと実践すれば、大丈夫」と信じて参加させていただきました。

参加する前は試験に合格したのは良いけれど、さて、何から手をつけて良いものかと悩んでいました。

今は公的機関の常勤嘱託職員として働いています。それなりの年収があり、仕事もどちらかというと楽しく、職場の上司も先輩も同僚も良い方々です。

子どもたちにも、一番お金がかかる時期で、今すぐ、仕事を辞めて開業して大丈夫だろうかとも考えていました。

SSPに参加した感想は「SSPはすごい!」としか言いようがないです。

実は試験勉強中に市販の開業マニュアル的な本を何冊か読んだことがありました。でも、どの本も具体性に欠けていて、やってみようという気にはなれませんでした。

でも、SSPは違いました。

パソコンの使い方の本のように詳しい図解が多くあり、それに沿って丁寧に解説されているので、非常にわかりやすいです。

そして、1章から読み進めていくうちに「大丈夫かな?」という気持ちがこれから始めることへのワクワクに変わっていきます。

本屋に売ってるマニュアル本、高額なセミナーの参加などに投資するくらいなら、SSPだけで充分です。

坂庭先生が今までに集めたビジネスの濃厚なエキスを盛り込んだ美味しいフルコース料理ですね。

食べたら体の隅々まで開業するにあたって必要な栄養素が染み渡るって感じがします。

SSPに参加させていただき、開業への不安が払拭され、開業への道のりが見えてきました。

オーバーな表現と思われるかもしれないですが、本当にそんな感じなのです。

SSPに参加できたこと、そして坂庭先生にめぐり逢えたことに感謝しております。

せっかく、行政書士試験に合格したのに何をすればいいのか迷っている方はSSPに参加することで、方向性が見えてきます。開業する前にSSPに参加することで、無駄のない効率の良い船出ができるはずです。

すでに開業していらっしゃる方もSSPに参加することで、さらにパワーアップできると思います。

1章から14章まで読んで、なるほどそういうことなんだと納得しました。そして、SSPのすべの章の中で最後の15章が私の1番のお気に入りです。

相談者の立場(心理)になって書かれてあり、また内容が的確なので、そこに“本物”を感じました。

北川 美樹様 北川さま

行政書士の知り合いなどおらず未知の世界でしたし、開業までの手順も全くわからなかったので、それを教えてくれるものはSSPしかないと思って、迷わず参加を決めました。

SSPに参加する前は合格したものの、開業に向けて何から手を付ければいいかわからず、頭の中には自分の将来がぼんやりとイメージされるだけで、焦りを感じ始めていました。

具体的には、「依頼をどうやって受けるのか」、「誰にも教わらずにいきなり一人で業務ができるのか」、「開業の審査にパスするのか」、「開業資金は足りるのか」、「トラブルにはどう対処すればいいのか」、などです。

SSPに参加した感想ですが、どの章も詳しく丁寧に解説してあると思いました。読んでいて驚くことろも多かったです。

例えば、相談者には自分の知識を残らず全部伝えるということです。

普通は出し惜しみをしたくなるところですが、先生は「それではだめだ」と、知識を全部出すように導かれています。

このように、相談者の立場(心理)になって書かれてあり、また内容が的確なので、そこに“本物”を感じました。

やはり、行政書士として成功したいと真剣に思っていらっしゃる方にお勧めしたいですし、すぐに思い通りの結果が出なくても諦めずに地道に努力を重ねる方がいいと思います。

自分が想像していたよりも、プログラムの内容の深さと濃さに驚きました。

山口 京子様 山口さま

行政書士試験勉強中に、SSPを知り、興味を持っていたため参加しました。

SSPに参加する前は登録開業するときに、右も左も分からずに不安を抱え込んで、悩みそうでした。

SSPに参加した感想ですが、自分が想像していたよりも、プログラムの内容の深さと濃さに驚きました。

すでに、全ての章をプリントアウトして、付箋を付けて、熟読しています。

まだ、細かい部分での理解力、知識不足がありますが、全体の流れを理解できるように意識しました。

毎回、新しい発見と理解できる知識も増えていくのを実感しています。

プログラムに書かれたノウハウを信じて実践し、身に付けて、簡単だと言えるように実感できるようにします。

・自宅開業を目指そうと考えている人
・廃業寸前の人
・飽和状態のジャンルで、ひしめき合っている業務で、参入しようと考えている人
・業務を絞り込めていない人

上記のような方にお薦めします。

SSP参加早々、スペシャル特典1を読みました。

個人的なエピソードになりますが、私にも同様のトラブル事案がありました。

自分自身のことでしたが、精神的ダメージを受け、自分の未熟さを実感し、二度と同じようなトラブルは起こさない等、勉強になりました。 この体験も踏まえ、身近に沢山の事案がある事を理解出来ました。

プログラムに参加して、依頼者の気持ちを理解し、依頼者に感謝されながら報酬を頂くことが出来る行政書士になりたいと思います。

SSPは集客に特化した具体的戦略

四條 浩之様 四条さま

行政書士試験に合格し開業を考えたとき、ビジネスとしての捉え方がしっかりしている坂庭先生の構築されたノウハウを是非とも自分も取り入れたいと考え、プログラムに参加しました。

SSPに参加する前は、やはり、試験内容と開業後の業務内容があまり結びつかないことは知っていましたので、何を身につけていかなくてはならないか、それ自体があいまいでした。

SSPに参加した感想ですが、開業後の書類作成等の具体的事案はどこにでもあるし、今では官公署でもHPでもひな形を手に入れることができます。

このSSPは集客に特化した具体的戦略ですので、これをベースに開業準備と開業後の運営をしていきたく思います。

いろいろなセミナーにでることはありませんが、先生のSEO対策やブログ対策で書籍は数冊買いこんで知識を深めました。

終活関係できっかけをつくることを目指しています。

このやり方で集客できるという道筋ができれば今後さらにニッチな業務開拓をしていきたいと日々考えております。

少しでも早い段階でこのプログラムに参加することが大切です。

眞下 浩明様 川崎さま

このプログラムは、開業準備中の方にこそおすすめしたいと思います。

なぜなら、最初に踏み出す時の方向性が極めて重要だからです。
まずは、2章と9章が最初にして最大のハードルになると思います。

ここを間違うと変な方向に行ってしまいます。

私は、仕事をしながら、ニッチな業務を探しているところですが、ここ2ヶ月ほどですが、プログラムで紹介されている「7つのアンテナの張り方」を手当たり次第に繰り返し実践しているうちに徐々に絞り込めつつあり、近く見つかる手応えを感じています。

(本当に実践していると、何も思い浮かばないとういことは有り得ず、むしろ、思い浮かびすぎて絞れない状態になりますが、開業前の気楽さか、思いのほか面白い作業です)。

この部分は、ホームページを立ち上げる前に、妥協せず十分に時間をかける予定です。

なぜなら、自分の性格からして、すでに登録開業後であれば、どうしても早く成果を出そうと焦って業務の絞り込みが甘くなったり、今まで続けてきた業務を捨てきれずに引きずってしまったりするおそれがあるからです。

もちろん、軌道修正しながら新たな業務を探していければ問題ありませんし、現在行き詰っている開業者にとって救いとなるものであることは確かですが、ロスは少ないに越したことはありません。

やはり、少しでも早い段階でこのプログラムに参加することが大切です。

私は、参加直後に全ページをカラーでプリントアウトしてファイリングし、すべてを通読しましたが、 とにかく具体的なスキル・ノウハウが満載で、懇切丁寧に図解されているのが最大の長所です。

今の自分に何が足りないのかが、「極めて具体的に」浮かび上がります。

自分はあれもこれも足りずで結構ショックでしたが、非常に有益でした。

本気で開業を意識されている方、一緒に頑張りましょう!

「戦わずして勝つ」これこそ、実績のない新規参入者がWEBで稼ぐための秘訣ですね

川崎 晃様 川崎さま

坂庭様、この度はSamurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)を提供していただき、誠にありがとうございます。

WEBでの集客術は、断片的なものは数多く出回っていますが、体系化されたものはあまり見かけませんでした。

SSPを読んで、今まで断片的に集めていたサイト作り・集客の方法の情報が、集約されていく気がしました。

また、坂庭さんの創業時の苦労が伝わってくるのもよかったです。

「戦わずして勝つ」
これこそ、実績のない新規参入者がWEBで稼ぐための秘訣ですね。

まだニッチの業務内容は見つけておりませんが、とりあえずドメインをとり、サイト作成のツールを見つけ準備を進めている段階です。

SSPに従って早く稼げるようになりたいです。

迷わずに、これだけを忠実に実践すれば十分だと思います。

中尾 泰雅様 中尾さま

ズバリ、行政書士で稼げていない人にオススメしたいです。

新人はもちろん、ベテランでも稼げていない人はたくさんいます。

特に以下のような人にオススメします。

・とにかく1件でも仕事を取りたい人
・貧乏ザムライで終わりたくない人
・行政書士の仕事が好きで何としても続けたい人
・新人でお金も人脈もなく、どこから手をつけていいのかわからない人
・売上が伸び悩んで事務所経営が困難になってきている人
・稼げない行政書士に絶望して転職しようかと迷っている人
・転職しようにも仕事に就けない人
・実践的なマーケティングを学びたい人
・行政書士のほかに他のビジネスもしたい人
・ネットビジネスを始めようとしている人

行政書士をはじめ普通の士業者は、相続、会社設立、内容証明などのすでに飽和状態にある分野の業務を選びがちです。

また誰も手がけていないニッチな分野で攻めるという発想自体がありません。

これではライバルだらけの中で競争することになり、人脈や資金のない行政書士は太刀打ちできないのも当然です。(討ち死にします。)

士業者はマーケティングや営業を学んでいない人が多く、苦手意識や時には拒否感すら持っています。業界全体に営業なんて、というような雰囲気が未だにあります。

また、いいアイデアを思いついても、具体的にどうしたらいいのか方法がわからないし、実行できません。

士業といえどもビジネスですので、このような意識のままでは、仕事が取れないのも無理はありません。(武士は食わねど・・・、などと言っている場合ではありません。)

その点、サムライ・サクセス・プログラム(SSP)は、この 『いかにして仕事を取るか』という行政書士が最も知りたいことを、具体的な事例を上げて懇切丁寧に教えてくれます。

ニッチな分野とキーワードの選定、ホームページ作成上の注意点、大切な顧客リストとなるメールアドレスの取得とメルマガの発行方法、集客後のお客様とのリアルな対応など、 目からウロコの情報が盛りだくさんです。

特にどのサイトやソフトを利用すればよいか、さらに利用の手順まで示してくれているので、そのとおりにやればいいだけです。あちこち調べる必要がありません。これはネット初心者の私にとって、とてもありがたいことでした。

また SSPで特筆すべきは、坂庭氏が行政書士が犯しがちな誤りを、自分の失敗談を混じえて説明してくれているところです。

「安易な値下げはするな」とか、値上げのタイミングとか、広告の打ち方とか、お客様の心理を突いた説明には説得力がありました。

私も同じ失敗をしていたからです。

これらのことを早い段階で知っておけば、大きな損失を被らないですみます。

斯く言う私も、集客や営業も行き当たりばったりでした。ホームページにしても、業者のつくったホームページを考えもなしに更新するだけでした。当然、高いお金を取られるだけで目に見える効果がありませんでした。

しかし、SSPで学んだおかげで、自分でホームページが簡単に作成できるようになり、まずかなりの経費が節減できました。

またSEOでアクセスを集めるだけではだめだということも知りました。良質なアクセスの集め方も教えてもらえました。

要するに自分の頭を使ってサイトをつくれるようになりました。

結果として問い合わせも増えてきて、月に2,3件はコンスタントにホームページから仕事を受注できるようになりました。

これは最初ネット集客に半信半疑であった私にとっては大きな自信につながりました。

また、以前は問い合わせがあっても、対応のまずさから成約に至らなかったことがありましたが、 SSPで教わったとおりに対応するようにしたところ、仕事を逃すことがなくなりました。

ネット集客の方法だけでなく、お客様とのリアルな対応も教えてくれるのもSSPのメリットのひとつです。

以上のように、SSPでは行政書士が稼ぐための、ネットとリアル両方のノウハウが満載です。ですから稼げない行政書士は余計なことを考えずに、 迷わずに、これだけを忠実に実践すれば十分だと思います。

さらに、ネットビジネスなど他のビジネスにも応用できます。

SSPは行政書士に特化した内容になっているように思われるかもしれませんが、私はビジネス、特に ネットビジネスの本質が学べるプログラムだと思っています。

売れるジャンルとキーワードの選定、それにもとづくサイト作成、SEOなどの集客テクニック、顧客リスト集め、メルマガの発行、成約に向けてのお客様とのリアル対応のノウハウなど、 ネットビジネス全般に通じる内容です。

また、ビジネスをするうえでの心構えについても教えてくれます。

SSPで学んだことは、行政書士の業務に活かせるだけでなく、ネットビジネス全般に活かせます。 

そして私の場合、もうひとつ良かったのはネットビジネスを始めるきっかけになったことです。漠然としていたネットビジネスの本質が理解できたように思います。あとは応用するだけです。

ネットビジネスには可能性がありますし、アイデアひとつで大きく稼げます。また、人脈や資本のない人でもやれるのがネットビジネスです。

今、行政書士をしていてあれこれ迷っている人にSSPはそんな意味でもオススメです。

SSPは、大げさで無く、個人事業主の考え方、行動の指針です。

金原 綾子様

金原様

開業前にSSPを始めたため、個人のWebsiteで実験ができ、開業後が楽でした。

しかし、あの震災直後にSSPを読み始めた途端、技術者として福島へ飛ばされ、早くも一時ストップしました。

宿舎の中、SSPを読みふけることが、楽しみとなっていました。

開業してある程度成功したら、不本意な出張も無い、夢はふくらみます。

そして2013年9月、行政書士事務所を開業。

SSPを駆使して、早々に受注…とはなりませんでした。

自分でニッチと思い込んでいたキーワードが、既に書士会の中でされている大先輩がいらしたのです。

ニッチゆえに、その先生の独占業務と化していました。

作ったWebsiteは、削除。

派遣で働きつつ、またあらゆる講習会に参加し学びつつ、ニッチキーワード探しです。

と言っても、全く0スタートではなく、元々思い描いていた業務を、どう表現すればニッチで効果的か、を探しました。

SSPを学ばなかったら、自己満足なWebsiteを高額で業者に頼み、延々SEO対策費を支払っていたでしょう。

もう書き込みや汗でクタクタのSSP教材。

ただ、真剣に取り組めば、的外れからは逃れられる教材である、それだけは言い切れます。

プラスの効果として、ボケーとする無駄な時間がほぼ無くなります。

売上に対する意識も変わります。

1番駄目と感じるのは、セミナーオタクや教材コレクターより、資格魔に成り果てることです。

本当に資格取得できたなら、めでたいです。私の周りでは、そんな方はいません。

試験勉強に逃げているのです。

まだ派遣で働く生活の方が実りがあります。

私がSSPが本当は何を教えているのかを理解できたのは、開業後でした。

稼ぐことに本気になったからです。

本気で読み直して、初めてわかりました。

そして、 SSPを実践してしまったのだから、私に逃げ道は無い、そんな覚悟ができました。

SSPは、大げさで無く、個人事業主の考え方、行動の指針です。

坂庭先生、心より感謝申し上げます。

早くも効果がみえて正直驚きました。

中塚 貴之様

中塚さま

現在2順目、第9章を読んでいるところです。

まだまだ手応えらしい手応えを感じるところまではきていませんが、自分の中の意識は確実に変わってきていると実感しています。

人と話す時、街を歩いているとき、電車に載っているとき、何をするにも常に「これは商売にならないか」と考えている自分に気づかされます。

同時に、プロジェクトに参加する前からもっていました4つの業務を載せたHPも、1つの業務に特化した内容に変更しました。

これまで多くても約5000程だったアクセス数がなんと1万超えと倍になっていました。まだ変更して1ヶ月なのに早くも効果がみえて正直驚きました。

ニッチな業務を探しながら、こちらのHPはこれからも実績を積んでお客様の声や、Q&Aなど、情報を充実させていく予定です。切り口も工夫しながら他のサイトとは違ったHP作りをしていきたいと思います。

このプログラムは「お金を稼ぐ」意識の高い先生にオススメしたいと思います。

他の先生方とお話すると比較的、「お金を稼ぐ」という意識の高い先生が私の周りには多いようです。

ですが、案は浮かんでも、それがどれだけのニーズでどれだけのライバルがいるのかなどを実際に調査し、仕事として実現するノウハウをもった方はなかなか見受けられません。

そんな話をきくと、いつも坂庭先生のプログラムを思い出し、このような人が 坂庭先生のプログラムを実践すると、鬼に金棒なのに・・・と常々思います。

Samurai Success Program(サムライ・サクセス・プログラム)がある限り、私たちに逃げ道はない

山田 優様

山田さま

SSPの印象を一言でいうと、「大胆かつ周到」なプログラムです。

「大胆」というのは、検索エンジンの第1位表示を本気で狙う点を指し、「周到」というのは、「稼ぐ」という目的に向かって、堅実な手法を種々重ね合わせてアプローチしていく点を指します。

「SSPというものがある限り、私たちに逃げ道はないというほかはない。つまり、この方法で業務を開拓するほかに稼ぐ方法はないのだ。」このように思わせるほど、徹底したプログラムだと思います。

私の場合、現在のところ、「ニッチな業務」「ニッチなキーワード」を発見することにエネルギーを傾注しています。
これを発見することがプログラムの核心部の一つである以上、いくら時間と労力を費やしても無駄ではないと判断したからです。

そして、「完全なニッチ」、つまり、「誰も扱っていない業務」ではないが、先行者(競争相手)が少数である「ニッチ候補」の業務をこれまでに数個発見しました。

SSPが非常に有効なのは、このような「ライバルサイト」の分析方法(質の見極め方)を解説してくれていることです(第10章)。

外見は綺麗で立派なサイトでも、SSPの分析手法によれば、それほど成約率の高いサイトではないということが判明する事例もあります。

第10章のライバルサイトの分析の手法は徹底しています。
私も、この手法を利用して、将来参入しようを目論んでいる分野を扱っている行政書士のサイトを分析しましたが、重要な情報を得ることができました。

今までは、外見が立派なサイトを見ると、それだけで萎縮していましたが、サイトの分析方法・分析ツールを知って、「ニッチな業務」の探索を積極的に実行するモチベーションが高まりました。

これが、現段階では、私にとっての勉強の最大の効果です。

ところで、第14章では「質の悪いお客さんからの依頼を受けない仕組み作り」について説明なさっていますが、このこと自体、SSPの信頼性を物語っていると思います。

なぜなら、実際には効果のない方法を紹介するのであれば、「ネットで業務をガンガン受注した」場合に発生する問題点などまでについて配慮・説明する必要はないからです。

このように信頼性の高いSSPですから、あまり大勢の人に知ってもらいたくないという気持ちになってしまいます。

しかし、その反面、坂庭さんがおっしゃるように、このプログラムをマスターした人と仲間になりたいという気持ちもあります。

SSPに参加した以上は、「ニッチな業務」「ニッチなキーワード」を発見することのほうが、実は効率的な方法、つまり、近道なのだという事実に気がつく必要があるわけですから、このプログラムの一般公開は喜ばしいことだといわざるを得ません。

坂庭さん。今後とも、ご指導のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

開業前にも関わらず、熱心な受験生も既にご参加いただいています。

このプログラムは行政書士の試験科目にいれて必修にすべきじゃないのか

芳賀 仁様 芳賀さま

坂庭先生、お世話になっております。
素晴らしい資料をありがとうございました。
PDFをiPadに入れて、一通り目を通しました。

ここまで開示してくれるのか・・・とただただ驚くばかりです。

行政書士の資格は試験内容と実務が乖離していることと、行政書士事務所で経験を積むことは門戸が狭く難しくロールモデルを持ちにくいということが「食べられない資格の代名詞」というイメージにつながっていると思います。

プログラムに参加する際に書いた通り、私はまだ残念ながら行政書士試験に合格していません。

勉強を進めながら、「憲法の勉強が実務に意味をもつのか?」、「資格取得後、お金を稼げるようになるためにはいったい具体的に何をしたらよいのか?」といったことを考えてしまい、資格取得が無意味に感じられ意欲が下がることも多くありました。

資格業にもマーケティングが必要とか、だとしたらランチェスター経営を勉強したほうがいいのかとか、レッドオーシャンではなくブルーオーシャンを目指さなきゃとか、ありきたりの漠然とした結論には至るのですが、その先の具体策はまるで見えませんでした。

そんな時に坂庭先生のプログラムに出会えました。

このプログラムは行政書士の試験科目にいれて必修にすべきじゃないのかというのが、大雑把ですが一通り目を通した印象です。

何をすべきかが具体的でわくわくしてきます。

ですが、私は残念ながらまだ資格を持っていません。次の11月の試験に向け追い込みに入らなければなりません。暫くの間、先生の資料は封印して勉強に専念します。

資格は努力をすればとれるものと思いますが、実務はどうしたものかと悩ましく思っていました。先生のおかげで片輪で曲芸のように走っていた車が素晴らしい両輪を得て安定走行ができるようになった思いです。

とりあえす先生の資料を封印はしますが、勉強に行き詰ったらときどきちょっとだけ読んで、モチベーションを上げようと思います。

では、また試験後に報告いたします。

SSPに出会えたことは非常に幸運だったと感じます。

坂本 裕介様 坂本さま

現在、行政書士の資格取得のため試験へ向けて勉強中の者です。
世の行政書士がどのように営業活動しているのか気になり、ネットで検索してこのプログラムに出会いました。

プログラム参加からひと月近く経過しての実践報告ですが、SSPは全章を一読した後、現在は試験勉強の空いた時間で自分自身のニッチな業務をまだまだネット上で探している段階です。

プログラム上で坂庭様が教えて下さった、●●や●●などを活用して、気になるキーワードで検索してニッチな業務を探しつつ、行政書士の世界について学んでおります。

まだ資格も取れていない勉強もまだまだこれからな自分ですが、 独立開業する前に、ネットであれこれ情報検索する術やマーケティングのやり方が分かりやすく解説されたSSPに出会えたことは非常に幸運だったと感じます。

SSPを読んでみて強く印象に残ったのは、文章が非常に濃縮されていて全く無駄がないので、法律の知識がなくとも分かりやすく読めるという事。

そして、 お金もない、経験もない、コネもない、そんな自分でもやってゆけるのだ。という力強いメッセージを感じ取ることができたところです。

まだ一度通読しただけですので、これから何度でも迷ったらSSPに戻って読み直しその都度頑張ってみよう思います。

何度でも原点に立ち戻って自分を省みれる、SSPという強力なノウハウを提供して頂き、坂庭様には本当に感謝いたしております。

  • 公開を終了しました